ライバルが多すぎる

今日、上野で「日暮里に行くにはどうすればいいのか?」

というようなことを外国の方に聞かれて困ってしまいました。

やっぱり英語はできたほうがいいな。

旅行の時とかしか役に立たないけど。

 

みなさん、こんばんは。

高橋です。

 

いやー相変わらず、こういう質問が多いです。

 

新しい教材なんかが販売された時に

 

「これだけ人気があるなら

ライバルが多くて飽和するでしょ?」

 

というようなものです。

 

まぁある意味

「今からアフィリを始めても遅いでしょ?」

とかいうのと同じかなって気もします。

 

しかし、結論からいうと問題ないです。

 

どんなものでもライバルは存在します。

 

でも、気にしなければいけないのは

その”数”ではなく”質”なんです。

 

はっきり言ってライバルだと思っている人数の

9割以上は全然ライバルでも何でもないですよ。

 

例えばある教材を飼った人が1000人いたら

その教材の教えを実行するのは1割の100人です。

 

そしてそれを継続し続け

結果を出すのはその中の1割の10人です。

 

1000人購入者がいれば

100人くらいは教材も開かず

或いは開いても流し読みして、それで終わり。

 

ちゃんと読んでも実行しない人が

2、3割りいますし

実行しても1週間くらいでモチベーションが落ちて

そこから作業をしなくなった。

 

なんていうことが続き

最終的には10人くらいしか残りません。

 

ダイエット本を読んで

その本の通りにダイエットに成功する人なんて

ほとんどいないのと同じことですよ。

 

10万部、100万部と売れているダイエット本が

たくさん存在しているのに

ダイエットに成功している人がいない。

 

その他のノウハウ本を読んでも

その本のようになっている人がほとんどいない。

 

本当にこういうことなんですよ。

 

ある程度続けても

3ヶ月、6ヶ月で止めますから

みんな。

 

これでは当然結果が出る訳はない。

 

なんで、1000人が買った教材ならば

ライバルは10人だけですから

「ライバルが多くて飽和する」

ことなんて気にする必要はないし

それで教材購入をせずに

結局また始めるのを先延ばしする・・・

ことは終わりにしましょう。

 

稼げない99%をライバル視して

自分も稼げない。

 

こんなバカみたいなことはないですよ。

 

気にするのは残ったほうの10人です。

 

こっちの人達を見て

この人達の良いところの真似をする。

 

この方が結果が出ますし

ビジネス力や目標達成力

あるいは人間的にも成長するのは間違いないです。

 

あなたが結果を出せない

”その他大勢”にならないために・・・

 

それでは今日もお読みくださり感謝します。

また。

 

追伸:

とにかく

「やるかやらないか」

これだけです。

 

どんな教材のどんなノウハウでも

結局はコレです。

 

とにかくどんなノウハウでも

コツコツと作業を続けましょうよってことです。

 

 

 ブログアフィリの王道教材

     管 理 人

    

      た か は し
    プロフィールはコチラ

  オ ス ス メ A S P

 

   ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート